見切り品で漬物を作ってみる ~酒粕で粕漬け~


たなかはじめです。
今回は、ちくあみ食堂番外編??ということで、おいしくできるのか?シリーズです。

近所のスーパーで、こんなものが見切り品で出ていました。

酒粕

粕漬け用の酒粕です。
賞味期限はまだ余裕があったので、思い切って購入しました。

ついでに、摘果メロンを1パック、こちらも見切り品・・・。
すぐに加工してしまうので、問題ない(はず)。

これで、奈良漬けができるぞ!!



しかし、どうやって漬けるんだ??

酒粕説明書き

一応、後ろには説明書きがあるものの・・・。

・・・ えーっと、・・・ (・_・;)

こんなときは、スマホに向かって、

「オーケー、グーグル!」

「摘果メロンの粕漬けの作り方」

・・・ コンシェルジュのグーグルにたずねてみました。

たくさんの検索結果から、おおよそ以下のような手順で漬けることがわかりました。

・漬けるものに対して15%程度の重量の食塩で2倍程度重石を乗せて
数日塩漬けして、水分を抜く
・水分を抜いた後、3時間以上乾燥させる
・酒粕にみりんや砂糖などを加えてよくかき混ぜ、調味酒粕を作る
・乾燥させたものを調味酒粕に漬け込む。

そうすると、1ヶ月~半年程度で食べごろに。

今、漬け込むと年末に食べごろになるようです。

さて、まずは塩漬けにしておきます。

今回は、摘果メロンのほか、大根ときゅうりをいっしょに粕漬けにしてみます。

大根の塩漬け摘果メロンの塩漬けきゅうりの塩漬け

楽しみ、たのしみ・・・ (*^_^*)

 

 

 
スポンサーリンク

ファイナンシャルプランナーのビジネスの幅が広がる住宅ローン診断士とは?

ETCカードがさらにお得に